平凡な日曜日も働きます!お金のために!

主婦は働きやすい環境で働けるバイトを選ぶ

小さな子供がいる主婦がバイトするって、本当に大変ですよね。

 

とはいえ私自身は完全な専業主婦で、子供達がもう少し大きくなるまではバイトは考えていません。

 

私の周りのママ友達は、子供が小学生になったのを機にバイトをする人が多い様です。

 

小学生になると大分手が掛からなくなり、夜の寝かしつけや御飯も楽だからバイトに踏み切ったという人声が目立ちました。

 

又手が掛からなくなる分出費が掛かるのが現状で、お金を稼ぎたいという気持ちからバイトをするママ友が多いです。

 

但しバイトの時間が限られるのが主婦の辛い現状で、大体のママが9時又は10時頃〜14時頃までをバイトの時間としています。

 

小学校低学年は15時位に帰ってくる事が多い為、15時までバイトを入れると子供が家で1人になってしまうから不安という声が多かったです。

 

いっその事子供を学童に入れてバイト時間を夜までにするという考え方もありますが、学童代を払うとなると金額的に長く働く意味がなくなってしまいます。学童に子供を預けるなら正社員かフルパートじゃないと、かえって損かもしれませんね。

 

バイトの種類ですが、やはりコンビニで働いているママが多いです。
理由は@覚えやすそうA家の近くにあるから通いやすいB時間の融通がある程度利いた というものでしたが、コンビニバイトを辞めたママの意見では、仕事内容がハードだった事や、シフトの組み換えができず子供の急な熱の時に休めなくなって上司からの印象が悪くなってしまった事が挙げられていました。

 

やはり子供を持つママが働きやすいバイトって、なかなか無いのかもしれませんね。私もいつかバイトしなければいけません。その最は色々悩みそうです。

 

 

主婦に人気のバイト職種はコチラ

 

働く働くサラリーマン

サラリーマンという本業の傍らでアルバイトをしている人って結構います。

 

その種類は様々ですが、毎週土日や毎晩アルバイトという感じで、毎日目まぐるしく働いている人は少ない様です。

 

休みや働く時間帯が比較的規則的なサラリーマンですが、やはり休日にぎっしりアルバイトを入れてしまうのは体力的にも精神的にも苦しい様ですね。

 

ある程度身体を休めないと本業に支障をきたしてしまいますから、日雇いや短期バイトでお小遣い稼ぎ程度のお金をGETするサラリーマンが多いです。

 

 

 

日雇いや短期バイトって、やってみる前は色々不安なのですが、いざやってみると次も日雇いにしようって思います。

 

 

人付き合いの必要性もなく、仕事内容が覚えやすいのが良いです。それでいて高収入なケースが多いので、リピーターサラリーマンが結構います。きちんとしたアルバイトだと(嫌だな・・・)と思った時に辞めるしかありません。

 

 

しかし日雇いなら、1日だけ我慢して次は違う仕事を選択すれば良いのです。辞める手間が省けるのって大きいポイントですよね☆本業を優先しなければいけないので、とにかくアルバイトはサブ的な感覚を持って臨んで下さい。

 

 

サラリーマンは会社員なので、年収の収入金額合計が20万円以下なら特に届出がなくても確定申告は必要ありません。日雇いや短期バイトをちょこちょこ入れて、この位の収入になる様調節するのも1つの方法です。

 

 

もしもアルバイトの合計が20万円を超えると確定申告が必要となってきますので、会社側にバレる可能性が出てきます。

 

 

民税を普通徴収という形で作成する、奥さんの収入としてごまかす等々、今は色々な方法があります。詳しくはネットで調べて下さい。上手くいけばサラリーマンのアルバイトはなくてはならない存在になります。

更新履歴


このページの先頭へ戻る